忍者ブログ

モノカキブログ

日記兼更新記録。  最新更新分までのネタバレがあることはありますが、隠してありますので、どうぞご安心を。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/22/05:53

それはひとめぼれという

こんばんは。
今、最後まで書き終えた七都の校正やってます。改稿ってほどじゃないです。でも、第一章とか、読み返したら泣きそうにへたくそで、目もあてられず……。
読者様方、こんな拙い第一章を、よくぞ読んで下さいました……あああ。
第一章の改稿は、一度住んで、第三章まで順調に直してたんですが、やっぱり三章くらいまでいくとだいぶ手を入れるところも減っては来ます。
でも、今日、あれ、と思ったことがあって、校正済みの第一章を読み返してみたら、まだまだ新たに出てくる修正箇所。読み返していくと、普通に、一回目の修正とおなじくらいの数、おかしな部分が出てくるんですが。
なんだかこの第一章、耕せば耕すほどゴミが出てくる畑みたいな……。
やっぱり今読むと、一章は、まだ自分の文章を書くというところまでいってなかったんだなあと思います。アマチュアモノカキ如きが何を言う、と思われるかも知れませんが、五章六章あたりになると、もうあたりまえのように、私の文章はこれ!ってものができあがっていて、無駄も足りないところもそれほどなく自然とそれでつるつるーと書き殴っていたのですが、一章はまだ、文章が借り物っぽいなあ、へただなあ……。
最初の方を見ると、無駄は多いのに、必要なものが足りていない。
書き終えてから読み返すと、これおかしい!とか週刊ジャンプ的突貫伏線の狂いとか、変な場所が山ほど見つかります。

そんなわけで、改稿が終わったら、一度全部リニューアルします。
連載の時はかなり短めにきっていたから、一ページをもっと長くしようかなと。
でも長すぎると、読みにくかったりするのかな。

そういえば、先日、ある方とメッセでおはなししていたときに言われたのですが、「聖羅はドMだね」と(笑)まず、自分が殺した女の娘にこれだけ執着しちゃうというのは、Mの所業以外のなにものでもないそうです。そうかも。
聖羅の七都萌えのシステムとしては、第一章の、わたしがそばにいるわ、のシーンで、『泣いてる→どうしよう→可愛い→でもわたしのせい→きゅーん』だそうで。
ここで、「わたしのせい」が入るのがミソだそうで。(M的に?)

アンケートや感想で時折言われるのですが、○○がどうして○○を好きになったのかが理解できない!という。聖羅と七都でも言われましたし、煌と七都、煌と優花、その辺りの人々は何度か言われておりますね~。
これはもう、わたしもなんてお答えしていいのかわからないのですが、私自身がどうやら、「一目惚れをする体質」らしいのですね。で、そういうタイプがいる以上、逆の「一目惚れはしない性格」の方もいらっしゃる。
特に七都と煌の恋愛というのは、その一目惚れ的ファーストインパクトを軸にして、恋情がわたあめのように取り巻いていきますので、一目惚れを体感しないタイプの方々にとっては、「なんで煌なの?」とか、「何で七都なの?」とか、思うのだろうなあ……。
まあ、正直、何で煌なの?は、私も七都に対して思わなくもないですが(笑)でも恋ってそんなものよねえ。という気持ちで書ききりました。

感想、アンケートのレス、少しずつしていきます~。
亀のようにのろいですが、お待ち下さい、ごめんなさい!

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら