忍者ブログ

モノカキブログ

日記兼更新記録。  最新更新分までのネタバレがあることはありますが、隠してありますので、どうぞご安心を。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/22/05:58

七都に入ってるもの

五章、鋭意執筆中です。
更新止まったままですみません。もう少し、時間をください。
そして更新がないのに、カウンタがまわるのと、拍手が途切れないのが、有り難いやらうれしいやら申し訳ないやら。ええ、がんばります。ほんとうにありがとうございます。
今は、尚釉と聖羅のバカップルっぷりを書くのが死ぬ程楽しいです。私ってほんとツンデレパターン好きだなあ。

ところで、この話は、七都という女の子の成長物語だったんだなあ、と、五章を書いていて思った。
話自体の流れは、そんなに全体としては変わってないんですが、一番最初の構想とは、細かい箇所がかなり変わっていて、書いてみたら、初期プロット時点よりも同じ事件がなんかヘヴィになってるってことが増えた。
そして、それは、キャラが作中で成長してたからなんだーってことを、七都のある事件を書いていて思った。七都を書き始めた頃の、そのままの七都だったら、このシーンは書けなかったな、っていうかこんな目には遭わせらんなかったな、ってところがあったりとか。
聖羅に関しては、初期プロットよりかなり人としてダメな方に後退しておりますが。逆に言えばそれが彼女の成長なのかも知れません。
そして、これを書き終えて、私も成長できていたらいいなあと思う。
してるはず、たぶん!
……とにかく、書き終えなければ話にならないけど。

そういえば、七都を書くに当たって、最初の世界観とかを創り上げるのにやっぱり、既存のまんがとか小説からとかイメージを引っぱってきたりしたんだけど。
この話、たまに、田村由美の「BASARA」を引き合いに出されますね。……似てるか?(笑)田村由美は好きだけど、まあ絶対影響うけてると思うけど、でも好きなのはBASARAじゃないんだよな。巴がゆく!なんだよな。田村由美のまんがは、長くなりすぎると、今ひとつつまらなくなるというか……。
でも、近未来の日本で、女の子が主人公で、ってなるとまあ、引き合いには出されるかなとは思う。
で、私がこの世界観を作るのに参考にしたイメージは何かというと、実は、高河ゆんの「源氏」だったりします。中学生の頃大好きだった。あと、少し、池上永一の「シャングリラ」も入ってるのかな、好きだからなあ。
なんていうか、昔から、音楽やっていても文章書いていても、私の場合、参考にしたものにどうしても似ないという、致命的な弱点があるのですが(笑)
あとは松本零士とか車田正美とか萩尾望都とか竹宮恵子とか大和和記とか明智抄とか若木未生とか銀英伝とか新井素子とか椎名誠とか壺井栄とかその辺の好きなものと私の人生と経験と恋と愛と憎と諦と子育て観と萌えをミキサーにかけて出してみると、これになる。
いちおう、のだめカンタービレとか、ラーメン発見伝とか、灰谷健次郎とか谷崎潤一郎とかは入ってないと思う。好きだけど。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら